×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日頃使っている日用品は、経皮毒(けい皮毒、経費毒)から家族を守っていますか?

アトピーケア対策室 > 経皮毒って何?

経皮毒(けい皮毒、経費毒)って日頃聞きなれない言葉ですね。
日ごろ使っている洗剤やハミガキ粉、シャンプー・ボディーソープなどの裏側や側面には、意味不明な成分名がズラリと並べられています。
「みんなが使っているし、悪いものを使っていると厚生労働省も黙ってないし、大丈夫でしょ!」と思っていませんか?
以前の私も「経皮毒」と聞いても、いまいちピンと正直こなかったんです。でも、調べてみました!そしたらこの成分は、想像以上に毒性が強く、また思っている以上に体内に吸収されているのです
小さい子供がいる私には、驚きでした!
まず、私に出来ることを考えてみたんです。 「日用品を安全なものに変える!」たったそれだけ・・。こんなズボラな私にも出来たんですね。
身の回りすべてに化学物質が行き渡ってしまった現代において、すべての合成化学物質を絶つのは、不可能です。でも出来る限り取り入れないようにする手段はあります。
日用品を安全で環境に優しいものに変えることで、トラブルを最小限に食い止めることもできるでしょう。
広告の売り文句をうのみにせず、確かのものを見抜く目を持つことが、自分と大切な家族の健康を守ることの第一歩となるのです。
自然環境と身体は、通じ合っています。地球に良いこと=体に良いってことなのですね。
このサイトを通して、「知る」ことで、ご自身でも調べていただけたらうれしいです。

 経皮毒(けい皮毒、経費毒)って何?
経皮毒とは、有害な化学物質が、皮膚から私たちの体の中へ、入ってくる現象です。
その有害な化学物質は、私たちのごく身近にあるシャンプーやハンドソープ、化粧品、ハミガキ粉などに含まれているということですから驚きです。
手元にあるシャンプーやハミガキ剤、ハンドソープ、化粧品の成分表示を見てください。
その中に、ラウリル硫酸ナトリウム(トリエタトルアミン,TEA)、プロピレングリコール(または、PGと記載)という表示はありませんか?
この合成化学物質は、ベビー用品にも当たり前のように使われている成分です。しかし、プロピレングリコールは、危険物扱いの合成化学物質です。また、ラウリル硫酸ナトリウムは、付着は、厳禁とされる猛毒扱いの合成化学物質で、取り扱いには防毒マスクと防護服の着用が義務付けられています。どれもこれも入っている量は、微量で飲み込むものではなく、洗浄剤ならば最後に洗い流します。
だから問題ない、ということでしょうか?

・経皮吸収と経口吸収
経口吸収・・・私たちが食するときに、農薬がついた野菜や食品添加物など、毒性がある食品を食べて有害化学物質が、体内に吸収されますが、その場合肝臓で90%以上の毒性が解毒されます。
経皮吸収・・・有害な化学物質が、皮膚から私たちの体の中へ入ってきた場合、肝臓を経由しないので、解毒作用を受けず、便や尿として体外へ排出されないまま、毒性が体内に残りやすいという特徴があります。
 

Copyright (C) 2006 アトピーケア対策室, All rights reserved.